校歌

校 歌

 校歌は明治42年4月制定。

 作詞の堀沢周安先生は当時の本校国語教師(明治38~大正2)で、作品中「明治節」

「田舎の四季」は有名。作曲者は当時の愛媛師範学校教諭。

 1 近江聖人の 跡とめし                               2 朝夕わたる 肱川の
   昔の庭は 此処ぞとて                                   水の流れを 顧みよ
  日毎日毎に 踏みならす                             進み進みて やまぬこそ
   われらが身こそ 嬉しけれ                            われらが常の 務めなれ
  中江の水の 澄みまさる                            矢野の神山 動きなき
   心をおのが 心にて                                       心をおのが 心にて
  誠の道を 辿らまし                                    まなびの窓に 励ままし
   由縁の藤を 仰ぎつつ                                   月の桂も 手折るべく

校歌.jpg