肱川分校の沿革

昭和23年 9月    定時制課程併設(愛媛県立大洲農業高等学校内に設置)
【1948年】       中心校(大洲若宮)に普通科及び農業科に、また肱川分校
             (肱川村大字山鳥坂甲30番地)に農業科を置く。             

昭和24年 9月    高校再編成により、愛媛県立大洲高等学校肱川分校(定時制課程)となる。
【1949年】     


昭和28年 4月    愛媛県立大洲農業高等学校の分離独立により、農業科から普通科に変更。
【1953年】     


昭和43年10月    肱川分校創立20周年記念式典挙行
【1968年】


昭和53年11月    行政区画変更
【1978年】       (大字山鳥坂甲30番地から大字山鳥坂80番地へ)

昭和57年 3月    校舎移転(山鳥坂80番地から宇和川3395番地へ)
【1982年】       校舎建築(鉄筋コンクリート造3階建 延984.161m2)

同    年 4月    新校舎へ移転

昭和58年 4月    武道場建設(鉄骨造平屋建 350.22m2)
【1983年】       本館・武道場落成記念式典挙行


平成10年10月    創立50周年記念式典挙行
【1998年】


平成20年10月    創立60周年記念式典挙行
【2008年】