メインメニュー
学校紹介
学校評価
肱川分校日記のカテゴリー

2018年7月31日(火曜日)

分校長便り6

カテゴリー: - hiji01 @ 17時50分22秒

分校隣の高砂グランドの災害ゴミ撤去作業が始まりました。

IMG_6934.jpgIMG_6957.jpg

IMG_6958.jpgIMG_6959.jpg

豪雨災害以来、肱川町周辺の災害ゴミがここに集積されました。先週木曜日から、このゴミの搬出が始まりました。

それでもまだこれだけのゴミが残っており、暑さも相まってかなり臭ってきます。

大型ダンプと重機がせわしなく動いていますが、まだまだ片付きそうにありません。

大洲市内の道路周辺も片側交互通行にするなどしてゴミの撤去をしておりますが、まだ高く積み上げられた場所も見られます。

IMG_6960.jpgIMG_6964.jpg

IMG_6962.jpgIMG_6961.jpg

グランド横には、肱川の農業者トレーニングセンターという体育館があって、ここで体育の授業や部活動もさせてもらっています。

9月2日には、県の定通制総体が控えているのに練習場所が確保できないのが悔しい限りです。

分校内の武道場も使用不可なので卓球部の活動もできない状況です。

9月16日(日)に予定していた体育祭も今年度は延期です。

まだ最終決定はしておりませんが、12月になりそうです。

IMG_6938.jpgIMG_6936.jpg

玄関先に置いてあったロッカーや荷物はほとんど洗い終えて、とりあえず校舎の2・3階や武道場に収納し、随分すっきりしています。

被災後3週間が経過して、大きなゴミの撤去や校内の洗浄など職員でやれることは9割方終了したように思われます。

災害規模が大きすぎて、この先は大規模な工事が入らないと我々ができることはあまりありません。

早くサーバーが復旧して通信環境が整備されることを期待します。

現在の仕事がいかにインターネットやパソコンでの作業に依存しているか、使用できなくなってそれを痛切に感じます。

ただ、みんなで力を合わせて汗を流し、泥だらけの職員室や廊下がきれいになったり、ゴミが処分されてすっきりしたりすると

随分清々しい気持ちになりました。

あの暑さの中、しんどい作業が続きましたが、ほとんど不平不満や愚痴も出ず、笑顔で過ごすことができました。

IMG_6955.jpgIMG_6950_1.jpg

今年は、70周年の周年行事を予定していましたが、文化祭や記念式など場所の関係もあって

規模を縮小せざるを得ません。そんな中で、この時期になってもボランティアで手伝いに来てくれる生徒が

いることや、周年行事のために泥だらけになった古い写真を洗って丁寧に乾かし、資料的価値のあるものを

保存しようとしてくれる職員がいることなど感謝の気持ちでいっぱいです。

分校が被災したため、ボランティア活動に参加することはできませんでしたが、各地での様々なボランティアの

活動を耳にし、困ったときは「お互い様!」の精神が生きていることにありがたみを感じました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立大洲高等学校肱川分校