メインメニュー
学校紹介
学校評価
肱川分校日記のカテゴリー

2018年1月19日(金曜日)

生徒会・家庭クラブ承認会

カテゴリー: - hiji02 @ 16時02分46秒

本日、4限目の時間に新生徒会・家庭クラブ承認会を行いました。

今回は複数の立候補者がいなかったため、演説会ではなく承認会という形になりました。

今日のこの回をもって役員交代となります。

旧役員の皆さん1年間 お疲れさまでした。

新生徒会長の中田千春さんと新家庭クラブ会長の宮岡奈美さんを中心として、

生徒全員でより良い学校にしていきましょう!

H300119-1.jpg H300119-2.jpg


2018年1月18日(木曜日)

倒木で歩道が‥

カテゴリー: - hiji02 @ 14時55分33秒

肱川分校付近にて、先日の大雪の雪の重さで大きい木が倒れ、道路をふさぐようなことがありました。

分校の先生も何名かお手伝いに行き、約1時間後には道路も通れるようになりました。

今回はその倒木によって歩道がふさがっていたのを分校のボランティア班の生徒たちが除いてくれました。

いつもお世話になっている道をみんなできれいにすることができました!

                                                                


2018年1月17日(水曜日)

分校長便り22

カテゴリー: - hiji01 @ 11時26分25秒

先週木・金と降り積もった雪も昨日夕刻から降った雨と気温の上昇によりほぼ融けました。

before                                                                           after

DSC_0037.jpgDSCF2754.jpg

3学期が始まって1週間が過ぎましたが、正月ぼけは解消されたでしょうか?

私は、以前宇和高校に勤務していたこともあり、南予の雪には慣れていたつもりなのですが今回の大洲・肱川に降った雪の多さには驚きました。

12月中旬にスタッドレスタイヤを装備してから「使うことがないなあ!・・・」と少々物足りなく感じていたのも束の間早速その恩恵にあずかることができました。

昭和60年に教員となって、その年にスキーにどっぷりはまった私は、はるばる愛媛から県外のスキー場へと滑りに行ってました。

久万スキーランドで初デビュー、その後もう閉鎖された美川スキー場に行ってその広さにびっくり、その後広島の芸北スキー場に行ってあんぐり。

その翌年は、年末年始を使って友達の先生と長野県まで車で出かけたのでした。

ちょうどその前年にスタッドレスタイヤが世に出て、それを購入した先生が誘ってくれたのでした。当時教員スキークラブというものがあってその集まりに混ぜてもらって練習をしました。

映画「私をスキーに連れて行って」が公開されたのはその2年くらい前でしょうか?

いわゆるバブルの時代であり、スキーブーム全盛でリフト待ちは30分くらいは当たり前、ゴンドラなどは1時間以上待つことはしょっちゅうでした。

1時間以上待って乗ったゴンドラでも、降りてから滑るとわずか10〜15分くらいで下までおりてきます。

1回乗るのに800円から1000円くらいは要りました。

わざわざ寒い時期に寒いところへ行ってお金を使う。今の若者からしたら何とも不思議なことかもしれない。

しかし、当時の若者はそれくらいウインタースポーツに熱中したのでした。

その後たぶん7年くらいは毎年、元旦は長野県か新潟県で迎えていたと思います。

すごいコブ斜面で有名な八方尾根、毎年積雪3mを超える赤倉など有名どころのスキー場はほぼ行きました。

1シーズンにかなり滑りに行ってたので、自己流でもそこそこ滑ることはできるようになっていました。

NHKの「ベストスキー」という番組を録画して繰り返して見たり、友達に滑っているところを録画してもらい、自分の滑りと比較してみたりと結構熱心に取り組みました。

と・こ・ろ・が、・・・・

板を新しく買い換えて、妙高高原に行ったときでしょうか?

全然まともに滑れないのです。かなり落ち込みました。

そこで、スキー教室に入り基礎から練習し直したのです。

我慢して2日目もレッスンに参加しました。   これが良かったのです。

やはり、基礎をしっかりすること、そして適切な指導者に習うこと、これは何かを身につける際に非常に大切なことであると再認識しました。

それとお金を使うこと!

生徒の皆さんに言っておきます。本気で何か身につけたいなら、上手になりたかったらお金を惜しむべきではありません。

お金と時間を使った分、取り組む姿勢や意欲が異なるのです。

変な話かもしれませんが、元を取ろうと本気になるんです。

将来の自分に対しての投資をしましょうとこの分校長便りで書いたこともあったと思います。

ケチって中途半端な知識や技術を身につけるよりか多少無理しても本物の知識や技術を身につけるべきです。

このことは私が身をもって体験したことなので是非覚えておいてほしいと思います。

話は変わりますが、今日はうれしいことがありました。

DSCF2755.jpg

空き時間中に会議室で数名の先生がワイード(電子黒板機能付きプロジェクター)のつなぎ方や使用方法について研修されていたことです。

少しでもわかりやすい授業になるよう先生方も学んでいます。

生徒の皆さんもそれに応えるべくしっかり集中して勉強しましょう。


2018年1月16日(火曜日)

冬季防災訓練

カテゴリー: - hiji02 @ 16時16分01秒

本日、6限目に生徒へ予告なしで火災が発生したと仮想した防災訓練が行われました。

消防署の方によってスモークマシンを使っての発煙ありの訓練で実施され、

本番さながらの緊張感で訓練を行うことができました。

最後の講評でもあったように自然災害が起こった際にはまず「自分の身は自分で守ることを最優先」として避難するようにしてください。

3年生にとっては肱川分校で行われる防災訓練は最後となりますが、この訓練を使わないことが一番ですが、

万が一の時はやってきたことを思い出し、冷静に対応してくれることを願っています。

H300116-1.jpg H290116-2_1.jpg


2018年1月15日(月曜日)

新体制スタート

カテゴリー: - hiji02 @ 17時57分40秒

3年生は9月の総体で引退し、2学期は体育祭や文化祭の準備等で部活動自体ができていなかったため、

3学期に入り、1・2年生の新体制で部活動がスタートしました。

久しぶりの部活動に生徒たちは楽しそうに活動していました。

ただ、久々のため思うように打ててない生徒も中には…

これから徐々に勘を取り戻しつつ、技術面、メンタル面ともにレベルアップしてほしいと思います。

                                H300115-2.jpg


2018年1月12日(金曜日)

分校ライブカメラ3

カテゴリー: - hiji01 @ 11時46分27秒

1月12日(金)、昨日から降り続いた雪で分校の駐車場は大変なことになっています。

DSCF2751.jpgDSCF2753.jpg

40cm以上積もっています。吹きだまりでは、1mのものさしがここまで埋まりました。

雪の重みで断線し、肱川町は午前中2時間ほど停電しました。

また、農業者トレーニングセンター前の大木が雪の重みで倒れ、国道197号が30分近く封鎖状態になりました。

分校職員も手伝いに行きましたが、ノコギリでも間に合わないくらいの直径です。

チェーンソーを持っていた人が停車中の車列におり、何とか事なきを得ました。


自宅待機

カテゴリー: - hiji02 @ 10時21分23秒

本日は積雪のため自宅待機とします!生徒の皆さんは自宅で学習をしてください。


2018年1月11日(木曜日)

分校ライブカメラ2

カテゴリー: - hiji01 @ 15時25分06秒

10時頃の分校周辺の様子です。

本日は、ずっと雪が降っています。

DSCF2741.jpg

 


分校ライブカメラ

カテゴリー: - hiji01 @ 07時44分59秒

本日、7時30分の分校周辺の様子です。

DSCF2740.jpgDSCF2737.jpg

大洲市内も軽く積もってました。


2018年1月10日(水曜日)

生徒会役員選挙告示

カテゴリー: - hiji02 @ 16時13分22秒

昨日、選挙管理委員会の生徒より新生徒会役員選挙の告示がありました。

改選役員は生徒会長1名と副会長1名で、12日金曜日が受付締め切りとなっています。

生徒会全員の代表者としてふさわしい人たちが選ばれるよう期待しています。

H300110.jpg


2018年1月9日(火曜日)

第三学期始業式

カテゴリー: - hiji02 @ 11時39分01秒

本日、表彰式があり、昨年に実施された商業科目の検定試験の表彰がありました。

その後、第三学期の始業式が執り行われ、校長式辞ではスポーツ分野のお話をしていただき、

箱根駅伝で4連覇を果たした青山学院大学・来季よりメジャー挑戦する大谷翔平選手のことを紹介され、

「これらの共通点は自ら目標を定め、それを1つ1つクリアしていっている。小さな成功体験が積み重なって偉業を成し遂げている。

この1年をどう過ごすかは自分次第です。漠然と過ごすのではなく、目標をもってこの2018年を過ごしてほしいと思います。」

という言葉で三学期がスタートしました。

知行合一にもあるように、今日の校長先生のお話を是非実践に移してほしいと思います!

H300109-2.jpg H300109-1.jpg


2018年1月5日(金曜日)

後期スクーリング

カテゴリー: - hiji02 @ 12時36分48秒

 明けましておめでとうございます。さて、今日は4年生が後期スクーリングで登校しましたので、9日(火)の第3学期始業式に先立ってご報告します。日頃のレポート学習等の成果を果たそうと、地理Bの後期試験に臨みました。4年生の登校日は、あと3月1日の卒業式だけとなりました。卒業式当日、元気に登校してきてくれることを願っています。戌年初のこのブログをもって、今年度の分校日記を再開しますので、分校の教育活動にご支援・ご協力の程よろしくお願い致します。

H300105-1.jpg H300105-2.jpg H300105-3.jpg H300105-4.jpg


2017年12月28日(木曜日)

分校長便り21

カテゴリー: - hiji01 @ 10時36分45秒

随分寒くなりました。

本日も、大洲市内の外気温はマイナス2℃でした。

肱川分校近辺もほぼ同温度で、高砂グラウンドの水たまりはほぼ毎日凍っています。

分校裏の肱川河原には、チュウサギ、マガモ、カワウなどがいます。

DSCF2734.jpg

本日から補習もなくなり、学校も仕事納めとなります。

さて、分校長が植えた大根のその後はどうなったでしょう?・・・・・

DSC_0001_2.jpgDSC_0009_2.jpg

残念無念。・・・・・

多少クワで掘ったくらいでは、畑のように柔らかくはなってなく、全然伸びてません。

まあ、元々この大根は小ぶりな品種ではありますが。・・・・

途中に小石など障害物があるとこのように分かれて二股になったりします。

それでもめげずに何とか調理し、このようになりました。

DSCF2736.jpg

美味しくいただきました!!

さて、皆さんの休み中の生活はどうですか?規則正しく生活できていますか?

何かチャレンジしていますか?こたつの中に入ってひたすらテレビを見ている生活になっていませんか?

時間を上手に使って心と体を鍛える習慣も身につけて下さい。

ここで、昔の思い出話を一つ。

高校1年生の最初のホームルームの時間に担任の先生が教えて下さった英単語。それは

「punctual」という言葉でした。時間厳守とかきちょうめんという意味です。

カントという哲学者を皆さんはご存じですか?

インターネットが普及した現在では、ちょっと検索したらすぐに業績や人となりは調べられます。

その中でもカントの散歩は有名でしょう。カントは散歩を日課としていました。

毎日、決まった時間に周辺を散歩するため町の人々はカントを時計代わりにしていた(時計のずれを修正していた)という逸話があります。

この担任は英語ではなく地歴の先生でしたが、私に教員への道を志すきっかけとなった様々な刺激を与えてくれました。

私が若い頃には、学校で進路の先生や学年主任さんが講話でよくこんな話をしていました。

三点固定です。つまり、起きる時間、寝る時間、勉強を始める時間、この3点を固定せよ(習慣化しよう)。

ということです。確かこの話を当時の担任も話していたと思います。

未だに話を覚えているくらいだから、しっかり話は聞いていたと思うのだけれど若いときには実践できていなかったように思います。

年を経れば経るほど、これが大事なことであると痛感し常に時間厳守を心がけています。

皆さんも社会人として給料をもらう立場になると(特に日本では)時間を守れるかどうかが大きな信用・信頼を得る一つとなります。

少々、待たせる人にいらいらすることはあっても、「待たせる人」ではなく「待つ人」になれるよう努力して下さい。

基本、約束の五分前には集合が当たり前です。

「一年の計は元旦にあり」

平成30年をよいスタートで出発しましょう。

 


2017年12月20日(水曜日)

第2学期終業式

カテゴリー: - hiji02 @ 11時40分38秒

本日、表彰式および第2学期終業式が行われました。

終業式での校長式辞では「とちぎアントレプレナー・コンテスト」で優勝した八木澤さんの話題を挙げられ、

「この八木澤さんは地元が好きで、地元をよくしたいという強い気持ちから起業へと踏み切った経緯があります。

人にはそれぞれの活躍の仕方があります。『自分はこれを一生やりたい。』と思えるものが見つかれば幸せです。

この冬休みに自分を見つめ直し、新年の目標としてやりたいことを見つけてください」とお話しいただき、2学期が幕を下ろしました。

明日から冬休みとなり、普段より多くの時間があると思います。

ブックトークで紹介された本を読むのもよし、新年の目標を立てるのもよし、普段できないことに時間を使い、冬休みという期間を有意義に活用してほしいと思います。

そして、3学期始業式は1月9日(火)です。

分校全員が元気な姿で新年をスタートできることを願っています。

H291220-1.jpg H291220-2.jpg

※肱川分校日記の今年の継続更新はこれで終了します。閲覧してくださった皆様、ありがとうございました。

また本年中、本校教育活動に多大なるご支援・ご協力をいただきました皆様に感謝申し上げます。

来年も引き続き、肱川分校に対してご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


2017年12月19日(火曜日)

シェイクアウトえひめ

カテゴリー: - hiji02 @ 09時51分09秒

12月18日(月)にシェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)を実施しました。

地震発生の放送が鳴ると生徒たちは素早く自らの頭を机の下に入れ、守ることができました。

また、身を守る安全行動をとるのはもちろんのこと、避難経路の確保をきちんとできているクラスもありました。

最後に分校長先生のお話では、まず自分の身は自分で守ることが第一だということを教えてもらいました。

災害は忘れたころにやってくるので、今日の訓練を常に頭においておき、非常時には迅速に対応できるよう心掛けてほしいと思います。

                                                                

H291218-1.jpg


2017年12月18日(月曜日)

分校長便り20

カテゴリー: - hiji01 @ 15時02分15秒

2017年もあと10日あまりとなりました。

分校の皆さんは、どんな年末年始を迎えますか?

2学期を振り返ると今年もたくさんの学校行事がありました。

まさかの暴風警報発令で延期になった体育祭。

平日開催にもかかわらず多数の保護者が参加してくれました。

分校生徒が活躍した生徒生活体験発表大会の南予大会及び県大会。

先生の熱い指導もさることながら、本校の代表生徒はたくさんの聴衆を前に立派な発表をしてくれました。

体育祭に引き続き、雨に降られた文化祭。雨にもかかわらずたくさんの来校者がありました。

茶道講師の永居先生及び茶道選択生の頑張りが結実した秋の茶会。

保育園児が可愛く歌を披露してくれました。

5年ぶりに参加した肱川ふれあい祭り。

その他にも、交通茶屋、愛リバー清掃活動、フラワーアレンジメント講習会、ブックトーク等々いろいろな思い出がよみがえってきます。

それぞれの場面場面で自分の役割を自覚し、しっかり責任を持って行動できたでしょうか?

ところで、先生や親から仕事を任せられたときに、どんなリアクションを取っていますか?

喜んで引き受けていますか?それとも尻込みしていますか?また、「無理ー!」と言って逃げていませんか?

誰だってしんどいことからは、逃げたくなるものです。ただし、経験をしたかしていないかはその後の皆さんの人生に大きく影響を与えます。

特に、苦労していろいろ考えたり、自分なりに工夫して努力したりしたことは、自分自身の血となり肉となるからです。

先日、芸術鑑賞会があり正岡子規と夏目漱石の52日間の同居生活の様子を垣間見ることができました。

何を感じましたか?

できれば、漱石の小説を手に取り、また、子規の俳句を感じてほしいものです。

若い二人がその時代に何を考え、何を成そうとしたか考える時間を是非取ってみて下さい。

もう10年以上も前になるでしょうか?NHKの大河ドラマで「坂の上の雲」を放映していましたが、君たちは覚えてないでしょうか?

このドラマは、司馬遼太郎さんが書いた小説が原作で、近代国家を作り上げた明治時代を描写しています。

この中に3人の主人公が出てきますが、それが愛媛県の秋山兄弟、正岡子規なのです。

分校長おすすめの本です。是非読んで下さい。

DSCF2712.jpgDSCF2714.jpg

さて、先日のブックトークでは講師の阪本先生から君たちに是非読んでほしい本をたくさん紹介していただきました。

早速、借りている生徒もいますね。是非とも若いうちに本をたくさん読んで、考える力(国語力、読解力、語彙力等)を

身につけて下さい。また、読書することで得られる感動や達成感、疑似体験を多くし、心の豊かな人間になって下さい。

もうすぐ冬休みです。年末年始はゆっくり体を休めるとともに、自分自身に投資をして有意義な生活を送って下さい。


2017年12月15日(金曜日)

進路ガイダンス

カテゴリー: - hiji02 @ 12時58分15秒

本日、3・4限目の時間でライセンスアカデミーの方を講師としてお招きし、進路ガイダンスを実施しました。

3限目の時間は進路講演会をしていただき、「進路の決め方」について高校時代にやっておいたほうがいいことや

社会人と学生の違いなど先生ご自身の体験談を交えながらお話しいただきました。

4限目には進学希望者と就職希望者それぞれの進路希望に応じ、各ブース学校別でガイダンスを受けました。

今日の講演を今後の学校生活や自分の進路決定に生かしてくれることを期待しています。

最後になりましたが、ご来校いただき講演いただきました各校の講師の皆様、本日はご指導ありがとうございました。

H291215-2.jpg H291215-1.jpg
H291215-3.jpg H291215-4.jpg


芸術鑑賞会

カテゴリー: - hiji02 @ 07時43分20秒

本日、東温市見奈良にある坊ちゃん劇場へ行き、「52days〜愚陀仏庵、二人の文豪〜」を観劇しました。

間近で見る舞台・演者さんの迫力や四国に所縁のある夏目漱石や正岡子規の物語に触れ、

様々なことを感じ、考える貴重な体験となりました。

H291214-2.jpg H291214-1.jpg


2017年12月13日(水曜日)

ブックトーク

カテゴリー: - hiji02 @ 16時26分24秒

本日の4限目に、愛媛県立図書館より阪本恵美子先生をお招きし、ブックトークを行いました。

坂本先生おすすめの6冊の本をご紹介いただき、内容もさることながら、先生ご自身の感想も交えて、お話しいただきました。

『ハブテトル ハブテトラン』、『こんとんじいちゃんの裏庭』、 『君が夏を走らせる』、『車夫』、

『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』、『15歳から、社長になれる。ぼくらの時代の起業入門』

この6冊は1月13日まで肱川分校に貸し出しています。

読んでみたい生徒は借りてみてください。

H291213-1.jpg H291213-3.jpg

説明が非常に丁寧で、かつ興味をそそられる語り口で話されたため、生徒も周りの先生方も思わず読んでみたくなりました。

H291213-4.jpg H291213-2.jpg


2017年12月12日(火曜日)

理科実験:豚の眼球の観察

カテゴリー: - hiji01 @ 13時19分46秒

12月11日(月)、12日(火)の1・2年生の理科の授業で豚の眼球を観察する実験を行いました。

DSCF2683.jpgDSCF2684.jpg

最初は、「気持ち悪い!」、「グロい!」と言ってましたが、すぐに真剣な表情になり短い時間でしっかり解剖、観察できました。

DSCF2680.jpgDSCF2685.jpg

強膜、脈絡膜、網膜の違い、水晶体の形や感触などを確かめました。

DSCF2687.jpgDSCF2681.jpg


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立大洲高等学校肱川分校